不妊治療は早めに

ピンセット

妊娠の確率を上げる

排卵日を狙って夫婦生活を営んだとしても妊娠できる確率は100%ではありません。20代でも25%前後の確率です。すなわち、単純計算で言うと排卵日を狙って計画したとしても妊娠出来るまでには半年程度かかると考えておいた方が良いかもしれません。30代になるとさらに妊娠率が低下し、20%前後の確率になるのです。計画的に夫婦生活を行ったとしても2年以上を妊娠しない場合不妊症を疑った方が良いかもしれません。女性の場合は年齢が上がるにつれて妊娠率が低下します。子供が欲しいならば早めの段階で不妊治療を行った方が良いでしょう。大阪では不妊治療が行えるクリニックも数多く揃っていますのでまずは受診してみてください。大阪で評判の良いクリニックを探したいのならば口コミなどを参考にしてみましょう。大阪の不妊クリニックを対象にした口コミサイトもあります。体外受精の場合は健康保険がききませんから、高額な治療費がかかります。大阪にあるクリニックでも場所によって治療費が異なると考えてよいでしょう。条件によっては助成金が出る場合もありますので自治体に問い合わせをしといてください。体外受精を行えば妊娠の確率をグンと上げることができます。体外受精の場合、一回の治療で数十万円かかることが一般的ですので、期間を決めて行った方が良いかもしれません。不妊の検査を行って特に問題がない場合は排卵誘発剤やタイミング法などから始めるのが一般的ですが、何らかの原因がある場合は最初から体外受精を行うことも珍しくありません。年齢が上がると着床率も下がってきますから早めに治療を受けることをお勧めします。